大会ゲスト

萩谷 楓さん

ハーフマラソンの部 ゲストランナー

佐久市浅科出身。
東京2020オリンピック競技大会 陸上女子5,000m日本代表選手。
現役を一度は引退公表するも、自己の限界を追求するトレイルランニングの最高峰「ハセツネ 30K」で3位に入賞するなど、走ること、挑戦することを絶やさずに活躍中。
佐久平ハーフマラソンで生まれ育った浅科地域を走り抜けていただきます。

高見澤 勝さん

5kmの部 スペシャルスターター

佐久長聖高校 駅伝部監督。
男子第74回全国高校校駅伝大会(2024年12月)において佐久長聖高校3回目となる優勝を飾る。
本年1月開催の第29回全国都道府県対抗男子駅伝大会では、長野県チームの監督を務め、3大会連続での優勝と大会記録の更新を果たす偉業を果たした。

佐久長聖高校駅伝部 選手のみなさん

1マイルの部 先導ランナー

高見澤 勝 監督の指導のもと、全国高校駅伝大会に26年連続で出場し、昨年12月開催の第74回大会において、日本人選手のみで構成される日本高校最高記録と大会記録を更新するタイムで優勝。

今年は、佐久長聖高校初となる全国制覇2連覇を目指し、日々厳しいトレーニングに励んでいる。